発電システム

電気代の得になる

青空の太陽

日常生活や産業などの場面で効率を上げるためには、何かしらのエネルギーを利用することが必要になります。
古くは、物を燃やしたり、水の流れを直接利用するという形態がとられていましたが、近年では、モーターの回転を媒介として、電力の形での利用が主流となっています。
物を燃やす場合には、物の消費を伴いますし、水の流れを利用する場合には、水そのものを消費することはありませんが、一定量の水をためて、その流れを制御することが必要です。
どちらの方法にしろ、エネルギーの獲得のためには、自然界への干渉が必要となるのです。
一方、太陽光を活用する場合には、自然界への干渉はほとんどなく、地球環境にやさしいものと言えるのです。

太陽光発電については、各家庭での設備設置が進んでいます。
しかし、電力の安定供給のためには、大規模な発電設備の運用も欠かすことは出来ません。
しかし、大規模な太陽光発電設備の設置に関しては、十分進んでいるとは言えないのが現状です。
太陽光発電設備の設置のためには、開けた土地の確保が必要ですが、他の発電施設のように、土地そのものに手を加えることはほとんどありません。
また、既存の建造物へ設置することも可能です。
そこで、休耕地などの遊休土地、あるいは既存の大規模建造物の有効活用の方法として、太陽光発電設備の設置が考えられるのです。
このような形で、発電施設としては中規模程度の物の設置が、自治体レベルで進んでいくことが見込まれるのです。